2018年10月11日
南房・江見吉浦港 渡辺丸
アカムツ釣行レポート

最近安定して釣れている南房アカムツだったのだが。。。こんな日を選んでしまうなんて。。。
潮時: <満潮> 06:05 <干潮> 12:09 大潮 (東京芝浦標準)
天候: 晴れ時々曇り <最高気温> 23.7℃ <最低気温> 19.7℃ (東京)
釣座: 右舷大ドモ 27.5℃ 21.6℃ (勝浦)
南南西の風 ナギ  江見沖140→230mほど 前回もアカムツ
水温: 26.5℃ 潮速:ぶっ飛ぶ 潮色: 澄み潮
料金: 10,000円

本日の釣果

アカムツ 
1匹
クロムツ 1匹

船中5人で唯一のアカムツをGET。ここ数日は調子がよかったのに、急に喰い渋った。

ちょっとポイントは違ったが、稲荷丸はトップ8匹とか?南房のアカムツは居る。

釣行前のお話

先週はアカムツ釣りまくり月間ので延長で平日に波崎へ出かけたが、船中2匹と大苦戦。もっともその日は船宿の釣果としてのHPの更新もなかった。

並行して気にしているのが南房。9月末からポツポツ釣れだしている。やっぱりカタ狙いも捨てがたい。そこで今回は南房の渡辺丸に予約を入れた。
有給休暇は残り少ない。しかし今週末は会社の会合で出勤。その振替休日を先にもらっての釣行だ。

南房へは高速道路使うが、車も空いていそうだったので下道で行く。暑くなりそうなんで、半袖短パン。車中の仮眠は長いのを着る。しかし、長ズボンを忘れた。寒いかな?それが全然全く問題なくぐっすり眠れた。

夜中は結構な雨。6時ころまで続く予報だったので出船時にまだ降っているかと心配したが、目覚ましで起きたときにはほとんど上がっていた。しかし蒸し暑い。

釣行レポート

去年のレポートを確認すると出船は5時過ぎだったので、3時半に起きるのは早すぎたかな?
しかし船長は4時前に港へやって来た。出船は釣割に書いてあったように4時半なんだ?

昨日は例祭で休船。しかし、それまでは水深140mほどの浅場で朝のうちにカタがあるらしい。深場に移動するとアカムツが居ないようで、戻って浅場でやるとカタが出たらしい。浅場でやるのは楽でいい。手返しも早くなるし、オマツリも少なくなるはず。。。

出船体制は整っているのに、おひとりお客さんが遅刻。すぐそこまで来ているとの着信があったようだが、中々来ない。出船は25分ほど遅れて4:52amになってしまった。朝の内がチャンスタイムとのことだったのでちょっと悔しい。

ポイントまでは25分ほどあったが、潮を見ると船を止めてからまた大きく移動があった。それでも30分ほどだ。

1投目は140mほど。底は取れるが、誘っているとオモリが浮いてしまって底を取り直すとラインが大きく出てしまう。サバも回っているようで、船中5人しかいないのにオマツリだ。

アタリがない。釣れると思った時間にアカムツが上がらない。ラインも立たないので釣りづらい。アカムツが喰っていてもわからないかもしれない。ラインは水深の倍ほど出てしまう。もっとももっと出ていきそうだったが、そこでやめて巻き上げて再投入としたのだが。。。
小さなクロムツは付いていたが、アカムツは釣れない。

9月末には早上がりだったが、アカムツが1匹。でもサメがよく喰って来た。アカムツと期待させられて騙されるパターンだった。今回はサバ以外の外道は居ない。アカムツが喰わない。

船長はスパンカーを下ろして船を動かしてラインを立つようにしてくれたがそれでも潮が速くて釣りづらい。

徐々に深場を攻めて、あきらめムードになった9時半ころアタリ。サバが喰っているが、なんか大きく叩くような引きも混ざっている。でもサバとしか思えなかったが、3本バリの真ん中にアカムツで、上下はサバだった。船中ようやくアカムツを顔を見たことになるがこれが9時半ころだった。
230mほどの水深でようやくの本命。一昨日までの浅場のアカムツが深場へ移ったのだろうか?
アカムツが居ることが分かったので期待したが、サバしか釣れない。たまにユメカサゴ。うーんなかなか口を使わない。

終了間際に今までとは違うアタリ。巻き上げを開始したら、ガツンとした引きが断続的にある。アカムツに違いない。しかもこれは南房サイズが期待できる重量感がある。でも残り20mを切ってからのロッドのバタバタした叩かれるような引きがない。海面を覗くと、今日はいなかったはずのサメが喰って来ていた。残念。

途中、水フグがうるさく、サバが喰わないとおもって誘いを粘っても、回収するとエサがない。いやハリも切られているという状態があった。波崎のように長い時間仕掛けを入れたままでの誘いは、無駄なことをしている可能性があるので、定期的に巻き上げてエサやハリの確認をした方が良い。

そして11時残念な結果のまま終了となってしまった。なんで平日に釣りを楽しむと厳しい日に当たってしまうのか?
ポイントは違ったが、稲荷丸のHPをみたらなんとトップは8匹を釣っていた。ちょっと場所が変われば南房のアカムツは居るんだ。

トップシーズンの10月がこんな状況じゃ悔しすぎる。

本日の仕掛け・タックル

1997年釣行記 1998年釣行記 1999年釣行記 2000年釣行記 2001年釣行記
2002年釣行記 2003年釣行記 2004年釣行記 2005年釣行記 2006年釣行記
2007年釣行記 2008年釣行記 2009年釣行記 2010年釣行記 2011年釣行記
2012年の釣行 2013年の釣行 2014年の釣行 2015年の釣行 2016年の釣行
2017年の釣行 2018年の釣行  前回の釣行 -

home