2019年6月29日
茨城・波崎港 仁徳丸
アカムツ釣行レポート

久しぶりの仁徳丸で金メダルシールいただきました。
潮時: <満潮> 01:27 <干潮> 08:33 中潮 (東京芝浦標準)
天候: 曇り時々雨 <最高気温> 21.5℃ <最低気温> 19.0℃ (東京)
釣座: 右舷大ドモ 22.7℃ 19.8℃ (銚子)
北北東のの風 ウネリあり 航程1時間20分ほど 150m→130m 前回もアカムツ
水温: 21.4℃ 潮速:流れない 潮色: 澄み潮
料金: 12,500円

本日の釣果

アカムツ 7匹

7匹は3人

釣行前のお話

先週は南房のアカムツでやっぱり?のオデコ。2015年7月からつづく「毎月アカムツGET」の連続記録が途切れそう。そこで少々の小雨ならと考えて今年も始まったカンネコのアカムツを狙って仁徳丸に予約を入れた。

カンネコのアカムツはカタはデカムツは望めないが、オモリ120号でライトなアカムツ釣り。そのためアカムツも元気に激しくロッドを叩いてくれるから気持ちい!このオモリで32pほどのアカムツを釣っただけでドキドキする。味もおおざっぱではないしやっぱりアカムツ釣りの主戦場だ。

G20が大阪で開幕するというのにお天気は台風3号が接近。釣行できるのかと心配になったが、急回復で何とか出船できそう。出てしまえば波も収まる方向なので、あとは「一時雨」の降り方が弱かったら申し分ないのだが。。。

少々風邪気味でこれが悪化したら行けなくなる。それでもこの程度の風邪具合なら海風で治りそう。

HPで出船を確認して職場から直行した。幸運にも金曜日は波で出船していなかったからか一番乗りだった。それで迷わず右舷の大ドモを確保した。

釣行レポート

夜中に小雨が降ったようだがよく眠れた。3時前に出船準備が始まってキャビン席を確保した。
ここでのロッドは短いが「SEIHAライトスタンディング170」。特に大ドモならこれがBESTかな?超軟調でアカムツがしっかり叩く。食い込みもいい。

タックルをセッティングしているとなんと70mmのケミホタルを忘れた。ポーチに入っていると思ったのだが。。。要るのか要らんのか?さあ正解はわからないが、カンネコではいつも使っているので。。。赤色のケミホタルはあったのでそれを使うこととした。

4:10amに出船。霧のような雨が降っていてシャツが湿ったからか寒いので上着のカッパは着ることとした。
海が悪く風上方面に向かったからかポイントまでは1時間20分ほどかかった。

1投目に少々遅れたが、無事投入。しかし早速のアタリはサバだった。エサにはなるサイズだったのでキープする。

ひと流し目から入れ食いではいがアカムツが喰った。ミヨシのY名人が釣ると隣のO名人も。右舷は名人が二人も入って5人。左舷は3人。名人たちが2匹目のアカムツを釣っているのに、釣れない。
いい感じで暴れてロッドを叩いたが力強さがない。なんとメバル。騙された。

お袋がなくなった後、アカムツを釣ってない。やっぱり怒っているのかなぁ?そんなはずはないんやけど。。。

これはアカムツのアタリやろと巻き上げているが重量感がない。途中でサバにも捕まった。でもアカムツは一応ついていた。超チビムツ。周りの方はそこそこのサイズ、カンネコではいい感じのサイズを上げているのに。。。
でもすぐに次のアタリ。チャンスタイムだ!今度はよく叩くし重量感もちょっとある。O名人にタモ取りしていただき、やっとアカムツらしいアカムツが釣れた。
おっとさっきのチビムツでも連続記録はつながったし、食べるところのあるアカムツもこれで釣れた。ひと安心だ。

8時半ころちょっと移動。150mほどの水深へ。
ここですぐにアタリ。いいぞ、これは重い。良型のアカムツだ。

1時間ほどしていい群れに入ったのか、周りでもバタバタと良型アカムツが上がる。トップとの差は縮まらない。それでも4匹。うち3匹は満足のいくサイズ。5匹釣ったら大満足だ。まだ2時間ほどあるのでチャンスはある。

周りで釣れているときに来たいいアタリはまたしてもメバル。暴れるが残り20m「での叩きがない。

10時半ころ灘寄りの浅場に移動。
なかなかアタリがなかったが流し込んでいるとアタリがあって5匹目。船長がタモで掬ってくれた。

またすぐにアタリが出た。アタリの動画を撮ろうとして、追い食いを待つがなかなかアタリが大きくならない。いい加減あきらめようと次のアタリで巻き上げ開始。おかしい?大人しい。でも叩いたのでアカムツか?残り20mほどでも叩いたので本命に間違いがない。しかし、ハリスを手繰ってアカムツをタモに寄せようとしたが、赤い魚影は近づかない。バレている。見えているが浮いてこない。残念!痛恨のバラシだ。

でも一人だけアタリが続く。今度のアタリはしっかり出た。追い食いを待って大きなアタリが出て巻き上げ開始。よく暴れる。気持ちい叩き方だ。船長に今度は無事にタモ取りされて6匹目。

7匹目はチビムツをGET。
12時ころまでやるというので残り40分近くある。たしか7匹はトップの名人さんたちに追いついたかも?この40分で食わせればツ抜けもありうる。しかしなぜか最後の流しも船中アタリなく12:05pm終了。

二人の名人とタイ記録の7匹で3人でトップを分け合った。

開幕したてのカンネコのアカムツで納得の釣果。カタも良型も混ざるし十分に楽しめる。サバも少なく釣りやすいし、これからのカンネコアカムツが楽しみだ。
本日の仕掛け・タックル

1997年釣行記 1998年釣行記 1999年釣行記 2000年釣行記 2001年釣行記
2002年釣行記 2003年釣行記 2004年釣行記 2005年釣行記 2006年釣行記
2007年釣行記 2008年釣行記 2009年釣行記 2010年釣行記 2011年釣行記
2012年の釣行 2013年の釣行 2014年の釣行 2015年の釣行 2016年の釣行
2017年の釣行 2018年の釣行 2019年の釣行 前回の釣行 -

home